たばこ税増税で、受動喫煙者数は?

こんにちは!
ハヅキです(*´・ω・`)b
今日は『受動喫煙』について考えて行きましょう!

受動喫煙とは

たばこを吸わない人が、他人のたばこの煙を吸わされること。

【タバコの煙には】

①喫煙者の吸入する煙

②吐き出された煙
③点火部より直接立ちのぼる煙

と3種類有ります。

このうち③の点火部からの煙(副流煙)に
強力な発癌(がん)物質である
N-ニトロソアミンなどの有害物質の
含有率が高いことが判明したのは、有名な話?

たばこを吸われた部屋や
衣類などに染みついた残留成分による
「3次受動喫煙」
の健康被害の可能性も指摘されているそうです。

・パチンコ屋さん
・飲食店

等で働く人は、③の点火部からの煙(副流煙)に
さらされる事が多いうえに、
衣服に染み付いて、
「3次受動喫煙」
の、心配も有ります。

とくに受動喫煙を特に気を付けなければ
いけないのは妊婦さんです!

妊婦さんは、
お腹が出ていないと解りづらいですね?
しかし、実際はお腹が出ていない時程、
受動喫煙に気を付けなければいけません!

授精してからが、
妊婦1ヶ月目の1日目では有りません!
最後の月経の初日が、
妊婦1ヶ月目の1日目です!
そこから十月十日【とつきとうか】と言われます。

1番赤ちゃんの核となる
卵子を作る時期の受動喫煙は、良くないです。

受動喫煙が妊娠中の女性や
胎児および乳幼児に与える悪影響として、
流早産、乳幼児突然死症候群、
低体重出産などの危険性がとくに問題視されているそうです。

厚生労働省の研究班によれば、
受動喫煙が原因で死亡する人は
国内で年間約15000人と推計されているそうです。

赤ちゃんの流産も、カウントされているのでしょうか?


スポンサーリンク



日本の人口が、
約1.27億人 (2016年)です。
約8466人に1人。
・・・・イメージ沸かないですね(笑)

同じ数字が有りました!
2016年4月時点の、
東京都待機児童8466人!

東京都の待機児童のうち1人は、
受動喫煙で亡くなっているイメージです!

余計に解らないかな?(笑)

条約成立

喫煙と受動喫煙に伴うたばこの害は
国際的に問題視されているそうです。

米モンタナ州の都市では、
受動喫煙禁止法の施行後に
心筋梗塞(こうそく)の入院患者が
激減したというデータがあるそうです。

2003年5月には、喫煙と受動喫煙を
継続的かつ実質的に減少させ、
健康、社会、環境及び経済に及ぼす
破壊的な影響から現在と将来の世代を
保護する目的で、
「たばこ規制枠組条約
(たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約)」
が採択され、
日本は2004年3月に同条約に署名しました。

条約は2005年2月に発効し、
締約国は180カ国に上るそうです。

日本では、2003年5月に施行された
健康増進法第25条で、
『学校、体育館、病院、劇場、観覧場、
集会場、展示場、百貨店、事務所、
官公庁施設、飲食店その他の
多数の者が利用する施設を管理する者は、
受動喫煙防止策を講じなければならない。』
としている。
この法により、
受動喫煙防止の努力義務が課されたが、
罰則がなく、十分な規制効果が
上がらなかったとされています。

世界保健機関(WHO)と
国際オリンピック委員会(IOC)は、
「たばこのない五輪」
を推進しており、
近年の開催地では飲食店を含む
公共の場での屋内禁煙を実現している。

国からの助成金

2003年5月に出された
厚生労働省の通達
「新たな職場における
喫煙対策のためのガイドライン」
では、
『全面禁煙できない場合は、
可能な限り非喫煙場所に煙が漏れない
喫煙室を設け、その設置が困難である場合には
喫煙コーナーを設置すること』
としている。

さらに、一定規模以下の中小企業に対して、
喫煙室の設置を行うための
「受動喫煙防止対策助成金」
を設けている。

このように、受動喫煙を防ぐために
喫煙できる場所とできない場所を
設ける方法を『分煙』と言います。

しかし、WHOは2007年に出した
「受動喫煙防止のための政策勧告」
のなかで、
『受動喫煙の有害な影響をなくす方法として
分煙は勧められず、
すべての屋内の職場や公衆の集まる場所を
完全禁煙にするべき』
としています。

加熱式たばこの普及
加熱式のメリットは、葉を直接燃やさない為、
有害成分を削減できること。
完全にカットできるわけではないので
「健康にいい」
ということはもちろん出来ないのですが、
副流煙による迷惑もぐっと減るため、
利用する人も増えているのです。

加熱式たばこの代表とも言える
【iQOS(アイコス)】
iQOS(アイコス)の売上98%が日本?
5人に1人がアイコス所有者に?

2015年9月から発売を開始し
2016年の春頃から一気に爆発的な
売れ行きとなったiQOS(アイコス)

それを追随するかのごとく
プルーム・テックや
glo(グロー)など、
続々と加熱式電子たばこが発売されています!

今のところはiQOS(アイコス)の独壇場
となっています。

火をつける代わりに電気で加熱することで
たばこ特有の臭い煙が発生しない加熱式電子たばこ

さぞかし世界でも爆発的なヒット
となっているんだろうと思ったら、
iQOS(アイコス)が売れているのは
日本だけだったみたいです(笑)

すでに200万台以上の売上を記録している
iQOS(アイコス)ですが、
そのうちのほとんどが日本での売上です。

まだまだ、コンビニで本体がなかなか手に入らない
日本ではiQOS(アイコス)フィーバー!!
転売市場では通常価格の2倍以上で
取引されていることもあります。
200万台の98%ということは
196万台ということになります。

総務省が発表した(2016年12月20日)
のデータによると、
日本の20歳〜79歳までの人口は
9470万人とのことです。

加熱式電子たばこの普及具合を見る限り
所有者は若年層からミドル層くらいだと思います
20歳〜49歳で計算し直すと
4692万人となります。

厚生労働省が発表している
現在の成人喫煙率は19.3%

ということは単純計算で20歳〜49歳で
喫煙している人口は
約900万人となります。
5人に1人はiQOS(アイコス)だから。
約180万人が、iQOS(アイコス)。

結構な数字ですね?

それだけ
『受動喫煙』
が、減ったのかと言えば。

一番最初に書いた、こちら↓↓↓↓

【タバコの煙には】

①喫煙者の吸入する煙

②吐き出された煙
③点火部より直接立ちのぼる煙

と3種類有ります。

の、①と③が
無くなっただけで、

②は、残っています!

iQOS(アイコス)の普及と、
受動喫煙の死者数の変化は、
リンクしないみたいです。


スポンサーリンク



たばこ税増税については、
こちら↓↓↓↓

こんにちは、 ハヅキです(*´・ω・`)b 今日は、たばこ増税のニュースです。 10月25日(水) 財務省が2018年度税...

たばこ税増税で、いくらになるかは、
こちら↓↓↓↓

こんにちは! ハヅキです(*´・ω・`) たばこ税増税で、いくらになるの?! 安い銘柄に変える?! ってお話です。 たばこ...

たばこ税増税で禁煙外来へ!は、
こちら↓↓↓↓

こんにちは! ハヅキです(*´・ω・`)b たばこ税増税で、禁煙外来へ 行く人は居るのでしょうか?! 今日は、禁煙外来について...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする