アディーレ法律事務所~10月19日ホームページ復活~

みなさん!
今日は10月21日(土)!
アディーレ法律事務所への2ヶ月業務停止!
から、10日間経過しました!

困っている依頼中の方々は、
まだまだ沢山居るようです!

依頼中の方々は、困ってますよね?
ハヅキが『依頼中』当事者なら、
泣寝入りしているのか?
一生懸命情報収集して、
戦いに挑むか?

ちょっとビビりなハヅキは、
泣寝入りしているかも(涙)

『依頼中』みなさんは、
泣寝入りしちゃ、ダメですよ?!
(*´・ω・`)b

前回の記事
アディーレ法律事務所の現在
は、こちら↓↓↓↓↓

みなさん! アディーレ法律事務所が業務停止2ヶ月! そんなニュースから、 『依頼中』 の、方々が困ってます! 『依頼中』 ま...

↑↑↑↑↑↑
アディーレ法律事務所には、
電話はつながらない
事務所が、事務所として機能しないのが
『業務停止』
と言う現実ですね?

1、東京弁護士会によると、依頼の方がやるべき事は以下の4種だそうです。

(1)アディーレの通知を待つ

(2)アディーレ(担当弁護士)に連絡する(代表番号は不通)

(3)東京弁護士会の臨時電話相談(03-6257-1007)にかける

(4)自分で弁護士を探す

(1)の、アディーレ法律事務所からの通知を待つとして、
のべ約10万件ですから。
事務所が事務所として使えないなら、
各弁護士さんの自宅から発送なんですかね?
いつ届くんですかね?

届いた方も、居るようです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『委任契約解除』
だ、そうです。
選択肢は、3種記載されています。
①依頼者本人で対応いただく
②他の事務所の弁護士の先生に新たに委任いただく
③弊事務所の弁護士と個人で委任契約を締結していただく

と言った書面だそうです。

事務所が事務所として使えない今、
どれを選べば良いのか(涙)

(2)の担当のアディーレの弁護士が引き続き担当してくれる事が、依頼者にとって、一番負担が少ないですよね?

日弁連の規定では、
依頼者からの求めがあれば、
アディーレの弁護士が個人として契約を結び直すことは可能だそうです。
ただし、弁護士が自ら委任を求める働きかけをしたり、
法人が主体になって引き継ぎさせたりしてはならないそうです。

でも、どこからが
「働きかけ」
になるかは微妙な解釈になります。

例えば、今回のような場合、
依頼者に経緯と今後取るべき対応を伝えるのは、最低限の担当の弁護士さんからの誠意。

その際、
「別の弁護士を探すか、
契約を切り換えれば、
担当弁護士が継続して引き受けることもできる」

などと説明した場合、どうなるか。
東京弁護士会に尋ねたところ、

「微妙な問題ではっきりとは回答できない。
個別の表現による」

との事だそうです。

依頼中の方が、弁護士さんに

『継続して担当して下さい』
と、お願いするのは良いが、

弁護士さんから依頼中の方に、
『このまま、私が継続しましょうか?』
とは、言えない
って、事ですよね?

複雑です(涙)

(3)の東京弁護士会の臨時相談窓口は、
2日で2000件も電話がΣ( ̄ロ ̄lll)
つながらない人も、多いみたいです(涙)

でも、諦めないで下さい!!

東京弁護士会の臨時電話談
03-6257-1007

こちら↑↑↑↑↑が、繋がらなくても
地域の弁護士会に相談すれば、
何らかのアドバイスが貰えるそうです。

各県の弁護士会が、
相談を受け入れているそうなので、
お住まいの県の弁護士会を、
検索して、電話をしてみて下さい!

(4)の自分で、弁護士を探す
となると、探すリスクは高いです(涙)

でも、アディーレ法律事務所以外の法律事務所が、
相談に乗ってくれるみたいです。

無料』かどうかは、
各法律事務所に、聞いてみて下さい!

『アディーレ法律事務所 業務停止』
で、検索をかけると

アディーレ法律事務所以外の法律事務所が、
沢山ヒットして来ると思います!

(1)のアディーレ法律事務所の書面にも、
『資料等を引き継がせていただきます』
と、有ります。


スポンサーリンク




とにかく!
依頼中の方は、自分で調べて
自分で行動していくしか無いのでしょうか?
そこが、怖い所ですよね?

2、各ケースのQ&A

.アディーレに支払った着手金は
どうなりますか?
.お客様の案件に関する
お手続きの進行度合いに応じて
精算させていただきます。
お客様、委任いただいていた事件等により、
案件の進行度合いは異なりますので、
詳しくは弊所からのご案内を
お待ちいただきますよう
お願いいたします。

.このまま継続して、
業務停止期間を待つことはできますか?
.大変申し訳ありませんが、規定により、
全てのお客様のご契約を
解除させていただいております。
業務停止期間後の制約はございませんが、
現在の契約を維持して業務停止期間を
待つことは致しかねますので、
ご理解いただきますようお願いいたします。

.時効が心配ですが、
どうすればよいですか?
.時効が近いお客様には、
時効成立日を明確にしたうえで、
優先してご案内させていただいております。
時効成立までに、訴訟提起等、
適切な措置を取る必要がありますので、
お早めに弁護士にご相談いただきますよう
お願いいたします。

アディーレ法律事務所のホームページが、
『依頼中の方に向けた文書』と
『各ケースのQ&A』のみ掲載して
復活いるのを、見つけました!
こちらです↓↓↓↓

https://www.ko2jiko.com/

こちらの↑↑↑↑ホームページは、
10月19日からみたいです。

ここには、
アディーレ法律事務所の謝罪文書から始まり、
詳しく書かれていますが、

基本は、最初に紹介した
アディーレ法律事務所から、
委任解除通知が、来た人の写真と、同じです。

で、結局は
ど~したら良いか?

アディーレ法律事務所は、
一旦委任解除しなくてはならない!

それは、避けられないみたいです。

事務所が使えない現状は?
ホームページが復活した今、
ど~なっているんでしょうか?


スポンサーリンク



とにかく!
繋がらなくても
アディーレ法律事務所
TEL:03-5950-0241
が、ホームページに乗っているなら、
かけてみるべきだと思います。

それが、ダメなら
自分の県の弁護士会へ電話

それも繋がりにくいなら
他の法律事務所へ電話

早急に、新しい弁護士さんと

契約するしか
無い気がします。

新しい弁護士さんへの
資料引き渡しも
上手く行くのでしょうか?

不安だらけは、解消出来ない
ハヅキでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする